翻訳、育児、ボランティア活動等等


by chinahouse

小学校の担任

今日、長男小学校の授業参観と懇談会がありました。懇談会の一番大きなテーマはやはり役員決めです。昨日、6年の懇談会は5時まで、役員が決まらず、最後に欠席のお母さんに電話することにしたようです。
今日、息子のクラスは意外と早く決めました。
今年の担任の先生は大学卒業してから3年目の先生です。経験豊かとは言えないでしょうが、結構しっかりしています。それより、隣のクラスの新卒で、自己紹介の時も「毎日頑張って、何とかしています。」とあまり自信ないような感じです。そんなで大丈夫かな?
新卒がいきなり担任なんか結構不思議ですが、日本では普通なのかなと思ったりして。最初の間に補助の形でやるとかしないのかな?日本の小学校、中国と違って、低学年のすべて一人の先生、全科目を教えます。それは私にとってはとても不思議なことです。もちろん、低学年だから、簡単なので、分けなくても大丈夫かもしれないですが、体育まで、担任の先生がやっているのがすごいなと思います。
自分はちいさいごろ、もちろん中国の小学校です。国語、算数、体育など、すべて先生が違います。でも、学年にわたって、1科目の先生はひとりしかないことも多いです。担任(中国語で「班主任」)は国語の先生の場合が多いです。班主任は必ずベテランの先生です。そうなると、例え1科目の先生は新人としても、親には不安が少なくなるでしょう!
皆と思ってるのが分からないですが、私なら、こんな担任のクラスになったら、絶対心配になります。

翻訳ランキング参加中、ワンクリックお願いします。请投我一票
b0168467_20242347.gif
翻訳ブログランキング参加中・クリックして下さい!
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

信頼できる中国語翻訳/通訳サービス チャイナハウス
[PR]
by chinahouse | 2010-04-20 19:05 | 育児