翻訳、育児、ボランティア活動等等


by chinahouse

今年もサンタさんが来るかな

5年生の長男と3年の次男、昨日からわくわく、サンタさんへのお手紙、プレゼント配りで疲れたサンタさんの飲み物や食べ物まで。5年の長男言うのは、「クラスでサンタさんを信じているのが僕だけです、みんな「パパママだよ」と言うの、でも、うちはパパママがあんなプレゼントを買ってくれそうもないし、買うならドリルぐらいじゃない。なので、サンタさんはきっといるの。」何と子供の目にはかなりの教育ママと映られている自分、反省します。
長男は去年の引き続きWii-UやDSがほしいです。今年も叶わなかったのがかなりショックのようで、「何で友達らがサンタさんからDSなどをもらえるかな!ママ、絶対夜起きてないよね。」。。。
いつになったら、目を覚めるのかな。

いよいよ今年も残りわずかです。三連休は2件の仕事が重なり、息子の中国語教室もあり、休まずに仕事をしていました。休み明けの昨日、朝からベランダーの床掃除などしてからゆっくり休もうとしたら、11時すぎに翻訳会社から電話が入り、ほかの翻訳者の途中までの仕事の続きをしてほしいの依頼でした。納期は翌日の朝9時です。対応できる量だけを受け取りましたが、朝9時の納品なので、朝の時間がほとんどない状態です、「イヴに仕事しないで」と子供らにも頼まれたし(サンタさんを邪魔するから)、午後に一生懸命仕事するしかありませんでした。何とか夕飯の後に翻訳完了。翌日朝最終チェックする予定でしたが、担当者から急に電話が来て、状況を確認する電話でした。「翻訳が終わりましたが」と返事したら、喜んでいるようで、「じゃ、今日納品できますよね」と言われてしまいました。午後の作業でかなり疲れてしまい、これから仕事を取り込むできる状態ではないので、「明日朝に最終チェックするつもりです」と返事をしたら、電話の向こうは不機嫌そうな声で「ああ、そうですか、分かりました。お願いします。」
あ~、翻訳が終わっているというべきではなかった。でも、翻訳するのはやはりいい状態ではなければ、いい訳文ができないですよと理解してほしいです。

年末にはチェックの仕事一件予定していますが、まだ来てないです。遅れるかな。


[PR]
by chinahouse | 2013-12-25 09:50 | 育児